自毛植毛 薄毛クリニック・病院 薄毛対策・薄毛ニュース

植毛vs増毛「失敗すると、どうなる?」「費用・値段はどっちが安い?」【薄毛業界美容師監修】

投稿日:


植毛で失敗!?後悔するケースは
・生えてこなかった!
・生えてはきたが・・・密度が無くスカスカ!
・不自然な生え際になってしまった!
・不自然な生え方、髪の流れになってしまった!

増毛で失敗!?後悔するケースは
・欲しいところに髪が増えなかった!
・お金が永遠に必要?!心配だ!

私は薄毛業界で20年以上美容師として働いてきましたが、実際に植毛・増毛で失敗!?後悔した人を見てきてます。

そこで、植毛・増毛でなぜ「失敗・後悔したのか」「失敗・後悔しない方法」「費用はどっちが掛かる?」この疑問・不安お答えします。

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:4600件以上のドクターが施術するクリニック
★業界内では高密度の植毛が可能(業界最小:直径0.6mmの筒状の機材使用
親和クリニック

植毛で失敗すると、どうなる?

・皮膚学会でも薄毛対策として植毛をすすめるが、そこには「1つの条件」がある!

その「1つの条件とは」・・・
十分な経験と技術を有する医師が施術する場合に限り.男性型脱毛症には自毛植毛術を行うよう勧める」

引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン
(https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf)

ここで注意しなくてはいけない点は、皮膚科学会でも

「経験値不足の医師・ドクターの自毛植毛は勧められない」と言っているようなものです。

それでは「経験値不足の医師・ドクター」が自毛植毛を担当すると、どんな「残念な」結果になる確率が上がるのでしょうか?

植毛で失敗(?)、植毛したことを後悔する「嫌な」結果とは?

・生えてこなかった!

・生えてはきたが・・・密度が無くスカスカ!

・不自然な生え際になってしまった!

・不自然な生え方、髪の流れになってしまった!

このような残念な結果を実際に私は薄毛現場で見てきました。

こうなってしまったのは、「手術担当医師の経験不足」が最も大きな原因です。

それでは、なぜ「手術担当医師の経験不足」によって残念な植毛、後悔する結果になってしまったかを詳しくご案内いたします。

生えてこない!

・傷をつけてしまった毛根からは、植毛しても髪は生えてこない!!

髪の毛が薄くなる人でも、後頭部周辺の髪の毛まで薄くなる人は少ないです。

自毛移植とは、このように将来的にも「薄くなりにくい」後頭部周辺の髪(毛根)を薄毛・ハゲてきた部分に植毛する手術です。
その薄毛・ハゲ部分で植毛された毛根からは、今後ずっと新しい髪の毛が生え続けます。

この後頭部周辺の毛根を切り出す(切り取る)手術には経験値から基づく、繊細な技術力が必要になります。

自毛植毛 失敗

仮に、後頭部から毛根を切り取る際に「毛根に傷をつけてしまう」と、その毛根からは「髪は生えてきません」

あまり経験値がなく技術力が低い医師・ドクターでは、毛根に傷をつけてしまう可能性、生えてこない可能性が高くなってしまいます。

生えてはきたが・・・密度が無くスカスカ!

・一般的な「ハゲていない」人の髪の密度は、1平方センチに約約200本~250本と言われています。

⇩1㎠に約200本~250本の生え際の密度
髪の密度 植毛 失敗 密度ない

 

1㎠に約200本~250本の髪密度があれば、前髪を下した状態でも、十分な毛量があります。

⇩1㎠に約200本~250本:前髪を下した状態
髪の密度 植毛 失敗 スカスカ状態

写真は「貼る増毛・増毛シート」で生え際などの毛量・密度を再現しています。
(植毛の写真ではありません。)
全ての写真提供:かつら屋ドットコムさん


 

自毛植毛でこのような1平方センチに約約200本以上の高密度を作るには「2つの条件」が必要になります。

その「2つの条件」とは・・・
・毛根を取り出し(切り出し)、移植する際に「極細径パンチブレード(筒状の機材)」を使用すること。
・この極細径パンチブレードを使いこなせる技術力があること。
この「2つの条件」が揃えば、ハゲていない人のような「1平方センチに約約200本以上の高密度」で植毛が可能になります。

(以前使われていた)直径の大きなパンチブレードを使用すると、
・毛根を摂取する際に後頭部や移植、植毛の際にも薄毛・ハゲ部分の傷を大きくする。
・移植、植毛の際に痛みがでる。
・傷の感染率を高めてしまう。
このようなリスクがあります。

また極細径パンチブレードはとても繊細な機材のため、使用するには医師の技術力が問われます。

現在植毛業界での最小・直径が0.6mmの極細径パンチブレードを使用している植毛クリニック

親和クリニック

アスク井上クリニック


 

問題なのは、経験不足の医師・ドクターでは「1㎠に約50~75本の低密度」の植毛になってしまいます。

⇩低密度「髪の毛スカスカ状態」の生え際
1㎠に約50~75本

髪の毛 スカスカ 植毛 失敗 密度

⇩1㎠に約50本~75本:前髪を下した状態
髪の毛 スカスカ 植毛 失敗 密度

このような低密度の「スカスカ状態」では、植毛しても満足できないですね。

生え際の密度を間違えると「人形」のようになってしまう!

・生え際の密度はとても大事

先ほど植毛には「高密度」が必要と書きましたが、生え際だけはあまりの高密度では「髪が詰まりすぎて」人形のような不自然な生え際になってしまいます。

経験値が豊富な医師・ドクターならば「仕上がりの状態」をその経験値から想像できるので、自然な生え際の密度で植毛ができます。

ただ、問題なのは、あまり経験値がない医師・ドクターは仕上がりの状態を想像できず「やみくもに生え際に植毛する、詰めて詰めて植毛する」傾向があります。

こうなると仕上がりは「生え際が一直線で不自然な状態」になってしまいます。

自然な生え際を作るのは、経験値豊富な医師・ドクターの技術力が絶対条件です。

⇩人形の生え際!
こんな生え際になったら、困りますね!

不自然な生え方、髪の流れになった!

・新人の美容師に髪を切ってもらって「失敗」したことはありませんか?

(ごめんなさい)私もカットを始めた頃、いっぱい失敗しました。(すいません)

この失敗の原因の多くは「髪の流れ、クセ・生え方」がわからなかった為でした。

人の髪の流れ・クセは、頭皮の中でもバラバラです。

これがわからずカットすると、「不自然な流れ」になり、きれいなスタイルができません。

植毛も同じです。(カットよりも重要です)

医師・ドクターも「髪の流れ、クセ・生え方」がわかるようになるには「経験値」が必要です。

経験値がない医師・ドクターは、「髪の流れ、クセ」がわからずに移植・植毛してしまう傾向があり、こうなると元々の「髪の流れ、クセ」とケンカした状態になり「不自然な髪の流れ」になってしまいます。

元々の自然な「髪の流れ、クセ・生え方」を復活させたいならば、必ず経験値豊富な医師・ドクターに植毛手術を担当してもらってください。

 

重要関連記事:
植毛クリニック・病院やドクターの選び方!自毛植毛で失敗して後悔しない方法がコレ!!

 

増毛で失敗すると、どうなる

欲しいところに毛が増えない。

・自分にあった増毛方法をしっかり選ばなくては、髪は増えません!

増毛には「自分の髪に結びつける:結び付け増毛」と「頭皮に、髪を植えたシートを直接貼る:貼り付け増毛」があります。

結びつけ増毛は、薄毛部分に自分の髪が残っていなくては増毛できません。
これが「欲しいところに毛が増えない」原因になります。

「貼り付け増毛・増毛」シートでは、髪が抜けてしまった生え際でも増毛できます。

これにより「貼り付け増毛・増毛」シートでは、広くなったおでこを狭くすることも可能です。

毛量をキープするにはずっと費用がかかる!

・(失敗ではないですが・・・)増毛は増えた毛量を維持するには、ずっとお金が掛かります。

■「結びつけ増毛」の場合

人の髪は平均すると、1日100本程度の自然脱毛があります。

「結びつけ増毛」で、結び付けた自分の髪も自然脱毛で抜けていきます。
また残念ですが、薄毛で悩む人の場合、1日100本以上の抜け毛が多くなります。

自分の髪が抜けると「結びつけた増毛」も一緒に抜けてしまいます。

このため「結びつけ増毛」で増えた毛量を維持するには、今後ずっと増毛を続けなくてはいけません。

例えば1000本で増えた毛量を維持するのは、年間で約1500本~3000本の追加増毛が必要になってしまいます。

これに必要な費用が年間約13~16万円が今後ずっと掛かってきます。


 

■「貼り付け増毛・増毛シート」の場合

「貼り付け増毛・増毛シート」はとてもデリケートな生地を使用しています。

このため、荒く扱うと破れてしまったりします。

また薄毛面積が広くなると、「増毛シート」の面積も大きくしていかなければいけません。

これらに掛かる費用が年間で約24万円ほど今後ずっと掛かってきます。

費用・値段はどっちが安い?

・自毛植毛は増えた毛量を維持する「追加費用」が掛からない、必要ない
・将来的な費用を考えると「自毛植毛」の方が安くなる!

自毛植毛では、増やした毛量は「減らない・薄毛部分でずっと生え続ける」ので、増えた毛量を維持する為の「追加で掛かる費用が必要ありません」

1000本の自毛植毛で増やせる「範囲と費用」はどれくらい?

その前に「自毛植毛での髪の毛の数え方:グラフト・株」について

自毛植毛では髪の毛の数えるときに「グラフト・株」というコトバを使います。

一般的に1つの毛根からは約1本~3本ぐらいの髪が生えています。

自毛植毛ではこの「1つの毛根」をグラフトや株と呼びます。

これにより1グラフトを約1~2.5本で計算します。

例:100グラフト=髪の毛約100本~250本

1000本の髪の毛=400グラフト~500グラフト

-------------------------------------------------------

1000本の髪の毛でカバーできる薄毛範囲と費用:薄毛初期

薄毛初期:M字ハゲの回復費用 約50万円~70万円

 

植毛計算図:引用:親和クリニック

このように1000本の髪の毛でカバーできる
薄毛範囲は、生え際が少し後退した部分の復活
費用は約50万円~70万円になります。

1000本の「植毛」と「増毛」に掛かる費用を比べてみたら・・・

自毛植毛の場合は、「毛量を維持するための費用」は今後ずっと必要ありません。
増毛の場合は、「毛量を維持するための費用」は今後ずっと「必要になります」

そこで5年間でかかった費用を「自毛植毛」「増毛」で比較してみました。

 

植毛 増毛
1年目の費用 約50万円~70万円 約13万円~16万円
2年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円
3年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円
4年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円
5年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円
5年間でかかった費用 約50万円~70万円 約65万円~80万円

このように5年間でかかる費用を自毛植毛、増毛比べると「自毛植毛が一番安い、経済的」な方法なのがわかります。

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:4600件以上のドクターが施術するクリニック
★業界内では高密度の植毛が可能(業界最小:直径0.6mmの筒状の機材使用
親和クリニック

-自毛植毛, 薄毛クリニック・病院, 薄毛対策・薄毛ニュース
-, ,

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.