自毛植毛

植毛クリニック・病院やドクターの選び方!自毛植毛で失敗して後悔しない方法がコレ!!★

更新日:

自毛植毛!植毛クリニックやドクターはどうやって選べばいいの?

よくお客様からこのような質問を受けます。

その答えは・・・

必ず「経験値豊富な熟練ドクターに手術を担当してもらうこと!!!」

「担当ドクターの技術力の差が自毛植毛手術の成功率を大きく左右する。」

植毛料金だけで(安いだけ)選ぶと手術後に後悔するかも・・・!?

 

(植毛料金だけでクリニックを選び)自毛植毛経験値・症例数の少いドクターが手術を担当すると・・・

・生えてこなかった!!
・(生えてはきたが・・)密度がなくスカスカ状態で満足いかない!!
・不自然なヘアスタイル、人形みたいな生え際になってしまった!!

このような失敗(?)が起きる可能性が十分にあります。

ドクターの技術力は手術の経験値・症例数によって生まれるものです。

 

ネット上の口コミ・評判は情報操作ができる時代
インターネットでこの「薄毛」に関する情報を書いている私が書くのもおかしなものですが、
今は「ネット上の口コミ・評判は情報操作ができる時代」になってしまいました。
色々な情報が飛び回っている時代ですが、どれを信じて良いのかわからない状態です。

そんな中・・
「ウソ」が付けないのは「経験値」です。

もし貴方が外科の手術を受けなければいけない場合
・手術経験の少いドクター
・手術経験豊富のドクター
この2者からを選べるのであれば、どちらのドクターに手術をお願いしたいですか?

私は間違いなく「手術経験豊富のドクター」にお願いします。

一般の医療現場では担当ドクターを選ぶことができない場合もよくあります。

ただ・・
自毛植毛手術では「担当ドクター」を選ぶことはできます。

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:4600件以上のドクターが施術するクリニック
親和クリニック

失敗しない、後悔しない自毛植毛クリニックを選ぶポイントは・・

「多くの経験値と熟練度(症例数)があるドクターのいるクリニックを選ぶこと!」

自毛植毛は「自毛植毛専門クリニック」で行う。

最近はAGA専門のクリニック(薄毛治療薬を主に処方してくれる専門病院)でも自毛植毛手術を行っている病院があります。

では自毛植毛手術を受けるにあたっては
・AGA専門のクリニック
・自毛植毛専門クリニック
のどちらで手術を受けるべきでしょうか?

答えは
「自毛植毛専門クリニック」です。

AGA専門のクリニックは言わば「総合内科」

薄毛が気になり始めると最初に始めるのが「薄毛治療薬・プロペシア、ミノキシジルなど」でしょう。
AGA専門のクリニックでは来院するとドクターが頭皮と薄毛状態を診察して、症状にあった薄毛治療薬を処方してくれます。
いわば「内科的な診察」が主です。

一般的に病気によって「外科手術」が必要になれば、「総合内科」から「外科」へ紹介されて手術を受けます。
内科医から外科医に変わるのが一般的です。

ただ、自毛植毛の場合はそのまま総合内科系「AGA専門のクリニック」のドクターが手術を行うケースがあります。

もちろんある程度の経験を積んでいるドクターですが・・・
経験値・症例数・熟練度は「自毛植毛専門クリニックのドクター」の方が上です。

あなたは外科手術を受けなくてはいけない場合どちらを選びますか?
・経験値豊富、熟練した外科医
・まだ若くあまり手術経験がない外科医

私は間違えなく「経験値豊富、熟練した外科医」に手術の担当を依頼します。

自毛植毛はとても繊細な外科手術です。
「総合内科のドクター」ではなく「経験値豊富、熟練したドクター」に手術を担当してもらうことが失敗しない、後悔しないイチバンの方法です。

あまり経験値がないクリニック・ドクターを選ぶと、こんな失敗例・後悔例がおきる!?

生えてこない!?

*傷ついた毛根からは髪は生えてこない!!

自毛植毛手術はとても繊細な手術です。

後頭部主変の「毛根」を取り出し(切り取り)、薄くなった部分に移植します。

この毛根を取り出す際に、毛根の一部でも傷をつけてしまうと、その毛根からは「髪は生えてきません」

------------------------------------

薄毛部分に植える(移植する)毛根は後頭部周辺から取り出します。

髪のクセ・流れは皆バラバラです。
髪の流れ・クセは毛根の頭皮下の「方向性・角度」によって変わります。
頭皮の下の毛根は色々な方向(角度)に向いているのです。

問題は
経験値があまりないドクターでは、髪の流れ(毛根の方向性)がわからず、毛根を取り出す際に(毛根を)傷つける確率が増えてしまうことです。

また後頭部周辺から毛根を取り出すのに「植毛ロボット」を使用するクリニックもあります。

先ほども書きましたが頭皮下の毛根の方法はバラバラです。

機械:植毛ロボットでは毛根の流れなどはわからず、一定方向(角度)で毛根を取り出します。

一定方向(角度)で毛根を取り出してしまうと、(毛根に)傷がつく確率も上がってしまいます。

・傷がついてしまった毛根は移植しても髪は生えてきません。

・経験値豊富なドクターであれば、バラバラの毛根の方向性に合わせて取り出すことができるので、(毛根に)傷をつけてしまう確率はとても低くなります。

・植毛ロボット:1時間で約500株の移植用毛根(ドナー)を取り出す。
(一定方向で取り出すので毛根が傷つく可能性あり)

・熟練ドクター:30分で約300~500株の移植用毛根(ドナー)を取りだせる。
(しかも、毛根の方向性が分かるので毛根に傷がつく確率は低い)

 

生えてきた毛量がスカスカ!?

*髪の密度が少ないと「スカスカ」状態

薄毛でない成人の髪の密度は「1平方センチに平均200~250本」と言われています。
下:「1平方センチに平均200~250本」の生え際
髪の密度 植毛 密度

経験値豊富で熟練したドクターならば上の写真のような高密度での植毛ができます。

ただあまり経験値のないドクターであれば、「1平方センチに50~75本」程度しか植毛できないと言われています。

下:「1平方センチに50~75本」の生え際
髪の密度 植毛 密度

 

自毛植毛 髪 密度

左:「1平方センチに50~75本」(あまり経験値がないドクター手術)
右:「1平方センチに平均200~250本」(経験値豊富なドクター手術)
この二つの「生えてくる密度」を比較するとその「差」は歴然です。

せっかく植毛しても、生えてきた密度が少ない(1平方センチに50~75本程度)なら、スカスカ状態で満足はいかないのではありませんか。

人形のような不自然な生え際になってしまった!

植毛 失敗 生え際
(これは人形の生え際です)

私は20年以上薄毛業界で美容師としてお客様のカットをしてきました。

残念ですが、自毛植毛体験者で上の人形のような「不自然な一直線の生え際」を見たことがあります。

このような「不自然な一直線の生え際」になってしまった原因は、担当ドクターの経験不足によるものがほとんどです。

あまり経験値がないドクターが担当すると(経験値がないので)
出来上がりが想像できず「やみくもに生え際に集中的に移植する」ケースがよくあります。

このように、生え際だけに植毛を集中すると、人形のような「不自然な一直線の生え際」ができてしまいます。

経験値が豊富なドクターは、出来上がりが(その経験値から)わかるので、バランスのとれた自然な生え際を作ることができます。

 

経験値豊富、熟練した技術力のあるドクターが手術を担当してくれるクリニック

★親和クリニック

・音田正光ドクター
・FUSS方式(FUT方式の一種)症例数1000以上
・FUE方式症例数 2000以上
・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp

 


 

★親和クリニック

滝田 賢一ドクター
・4年間で800症例以上
・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp

 


 

★アスク井上クリニック

井上浩一ドクター
・4200件の症例数
・1回の手術で4000グラフト(約10000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://asc-cl.jp

 


 

ご注意点:最近「クリニックの症例数NO.1」などと宣伝しているクリニックもあります。
実はこれら「クリニックの症例数」は、上記でご案内したレジェンドドクターが所属していた時代の「各ドクターの症例数が加算」されている場合があります。


 

★ヨコ美クリニック

・今川 賢一郎ドクター
・日本の自毛植毛のパイオニア的存在
・15000症例 年間500~600件の手術回数
・1回の手術で3000グラフト(約7500本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:横浜

公式ホームページはこちら↓↓↓
http://www.yokobikai.or.jp

-自毛植毛
-, , ,

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.