自毛植毛 薄毛ニュース

植毛のデメリット!費用が高い!?実は植毛が一番安い「髪を増やす方法」だった!?

更新日:


自毛植毛は自分の髪の毛が、薄毛になった部分に確実に生えてくる、復活できる「究極の髪を増やす方法」です。

自分の髪の毛が生えてくるので
・一番自然で
・バレることもなく
・(自分の髪なので当たり前ですが)お風呂やサウナも問題なし
・激しい運動も問題なし
です。

------------

この自毛植毛で薄くなった生え際や、広くなったおでこを狭くするのは約50万円から120万円が必要になります。

よくお客様にも「自毛植毛に掛かる費用は50万円以上!!」と話すと・・・

「高い!!」と思われる方がやはり多いです。

でも、本当は「増毛」や「薄毛治療薬」などと比べると、一番経済的で安上がりな「髪を増やす方法」だったのです。

そこで・・・
薄毛業界で20年以上働いてきた美容師でもある管理人が、自毛植毛と他の「髪を増やす方法:増毛、薄毛治療薬」を「費用面、デメリット」を徹底的に比較していきます。

この記事を読んでいただければ、安心して自毛植毛を受ける心の準備ができるはずです。

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:4600件以上のドクターが施術するクリニック
★業界内では高密度の植毛が可能(業界最小:直径0.6mmの筒状の機材使用
親和クリニック

Contents

自毛植毛で薄くなった生え際や、広くなったおでこを狭くする費用

まずは

・薄くなった生え際(M字薄毛)を復活させる費用

・広くなったおでこを狭くする費用

これらの費用をみていきます。

 

薄くなった生え際(M字薄毛)を復活させる費用

★薄くなった生え際(M字薄毛)を復活させる費用:約50万円~70万円

⇩薄くなった生え際(M字薄毛)
薄くなった生え際(M字薄毛)

 

上の写真生え際(M字薄毛)を自毛植毛でカバーするには、約1000本~1500本の髪の毛」(植毛)が必要になります。

植毛計算図:引用:親和クリニック

広くなったおでこを狭くする費用

★広くなったおでこを狭くする費用:約90万円~120万円

⇩広くなったおでこを狭くする
広くなったおでこを狭くする
(この写真は植毛ではありません。貼る増毛で広くなったおでこを狭く再現しています)
(写真提供: かつら屋ドットコムさん

 

上の写真「広くなったおでこを狭くする」には、約2000本~3500本の髪の毛」(植毛)が必要になります。

植毛計算図:引用:親和クリニック
このように自毛植毛では、薄くなった生え際や、広くなったおでこを狭くするには、約50万円から120万円が必要になります。

 

この費用が本当に高いのか?、実は安上がり、経済的なのかを

5年で掛かる費用(掛かった費用)を「自毛植毛」「増毛」「薄毛治療薬」で比較したみました。

 

5年で掛かる費用を比較 植毛vs増毛vs薄毛治療

★自毛植毛で生え際の薄毛(M字薄毛)を復活させる費用は約50万円~70万円

薄毛で悩む人にとって「髪を増やす方法」で思いつくのが「自毛植毛」「増毛」「薄毛治療薬」でしょう。

--------------

増毛の場合:

増えた毛量をそのまま維持するには、メンテナンス費用として追加の増毛が必要になります。

仮に1000本の増毛をした場合、その後結んだ自分の髪が抜けたり、増毛した髪が取れたりするの年間約1500本~3000本の追加増毛が必要になります。

この1000本で増やした毛量を維持する費用には年間で約13~16万円が必要になります。

またこの費用(年間約13~16万円)は今後ずっと掛かってきます。

「増毛」に関して詳しくは当ブログ内:
【増毛1000本体験!】髪の毛1000本を前髪スカスカ、M字ハゲに増毛するとこれだけ「変わった!」をご覧ください。

--------------

薄毛治療薬の場合:

薄毛治療薬(プロペシアやザガーロ、ミノキシジル)は飲み続ける(使い続ける)ことで、増えた毛量を維持しています。

薄毛治療薬を止めると、元の薄毛に戻ってしまいます。

この薄毛治療薬に掛かる費用は1ヵ月で約1万円~3万円 年間で約12万円~36万円が必要になります。

またこの費用(年間約12~36万円)は今後ずっと掛かってきます。

 

自毛植毛「だけ」が髪が増えた後のメンテナンス費用(追加費用)が要らない!

自毛植毛の場合:

自毛植毛だけは、一度増えた毛量を維持・キープするためのメンテナンス費用(追加費用)はほぼ掛かりません。

追加のメンテナンス費用を掛けなくても、増えた毛量を維持・キープすることができるのです。

そこで・・・

★5年で掛かる費用(掛かった費用)を「自毛植毛」「増毛」「薄毛治療薬」で比較してみました。

 

植毛 増毛 薄毛治療薬
初年度費用(値段) 約50万円~70万円 約13万円~16万円  約12万円~36万円
2年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万円~36万円
3年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万円~36万円
4年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万円~36万円
5年間で掛かった費用(値段) 約50万円~70万円 約65万円~80万円  約60万円~180万円

「グラフト」「株」

このように 「自毛植毛」「増毛」「薄毛治療薬」を5年間の期間で「掛かった費用」を比べると、自毛植毛が一番安上がり・経済的な「髪を増やす方法」になります。

自毛植毛は最初に掛かる費用は少し高めですが、長期的にみると「一番安く、経済的」なことがわかります。

「増毛」「薄毛治療薬」は5年を過ぎても、その後もずっとメンテナンス費用(追加費用・料金)が必要になってしまいます。

自毛植毛が一番「安全、安心」な理由とは?

増毛 薄毛治療薬の不安点

★増毛の不安な部分:「増えた髪」は自分の髪ではない

増毛でも確実に「髪を増やす」ことが可能です。ただ増毛で増えた髪は「増毛用の髪」でありあくまでも「自分の髪」ではありません。

「自然さ」を追究するならば、やはり「自分の髪が増える」ほうが自然ですね。

--------------

★薄毛治療薬の不安な部分:薬の「副作用」 薬の長期使用による健康被害

現在国内で認められている薄毛治療薬には「プロペシアやザガーロ、ミノキシジル」があります。

プロペシアやザガーロには「勃起不全、ED、精子減少、うつ症状」などの副作用があります。

ミノキシジルには「めまい、動悸、低血圧、頭皮のかぶれ・痒み」などの副作用があります。

また薄毛治療は継続的に続ける治療です。

風邪をひいて、風邪薬を飲んで治れば薬の使用は止めます。

しかし薄毛治療薬は、今後ずっと飲み続けなくてはいけません。

飲むのを止める(使用をやめる)とその効果も止まり、元の薄毛に戻ってしまいます。

このため、薬の長期使用による健康被害:薬ををずっと飲み続けることによる体への影響、特に腎臓への負担が大きくなり不安が残ります。

 

自毛植毛の安全・安心点

自毛植毛の安心:自分の髪が確実に生えてくる

自毛植毛では「自分の髪」が生えてきます。

自分の髪が生えてくる、復活するので・・・

・一番自然で

・バレることもなく

・(自分の髪なので当たり前ですが)お風呂やサウナも問題なし

・激しい運動も問題なし

です。

--------------

★自毛植毛の安心:薬のような副作用がない

自毛植毛では長期で薬を飲む必要はないので、体への負担もなく安心して髪を増やせます。

 

植毛費用・料金の安さでだけで、クリニックを選ぶと、後でトンデモナイことに・・・・

★植毛しない、後悔しない自毛植毛のポイントは、
経験値豊富・症例数が多く技術力があるドクターに手術を単相してもらうこと

最近多くのクリニックで自毛植毛手術を行っています。

中には「価格をすごく安く設定している」クリニックもあります。

しかし、植毛費用・料金の安さでだけで、クリニックを選ぶと後で後悔する可能性が高くなります。

自毛植毛で失敗、後悔しないポイントは「ドクターの技術力」これが最重要

自毛植毛手術は

・移植用の毛根を後頭部周辺から、毛根に絶対傷がつかないように取り出す

・素早く、元々の髪の流れや、以前あった生え際のラインに合わせて正確に移植・植毛をする

このような繊細な技術力が絶対的に必要になります。

繊細な技術力は手術を担当する医師・ドクターの経験値・症例数で大きな「差」が出てしまいます。

 

自毛植毛で失敗・後悔する「4大」パターン

★担当ドクターの経験値不足で自毛植毛は失敗・後悔する!?

それでは、あまり慣れていない、経験値が無いドクターが手術を担当すると、どのようなことが起きてしまうのでしょうか?

後頭部の傷が目立つ

★切る自毛植毛では、後頭部に大きな傷が残ってしまう!

切る自毛植毛・メスを使う自毛植毛とは:

切る、メスを使う 自毛手術 FUT方式

移植用の毛根を後頭部周辺から取るときに、頭皮を帯状に切り取り、その後縫合(縫い合わせる)方法

メリットとしては、多く毛根を一度に取ることができます。

デメリットとしては、あまり慣れていないドクターが後頭部の縫合手術(縫い合わせ手術)をすると、縫い目が荒く目立ってしまう場合があります。

しかし経験値豊富なドクターが縫合を行うと、手術後に後頭部を刈り上げのように短くしてもほとんど傷は見えないような仕上がりです。

--------------

★切らない自毛植毛では、後頭部が大きな「穴」だらけで不自然

切らない自毛植毛・メスを使わない自毛植毛とは

切らない、メスを入れない 自毛手術 FUE方式

後頭部周辺から移植用の毛根を取るときに、極細の筒状の機材で毛根を「くり抜く」ように毛根を摂取する方法

この毛根をくり抜く機材はとても繊細です。

メリットとしては、経験値豊富なドクターがこの機材で毛根を「くり抜く」ように摂取すると、傷後はほとんどわかりません。

デメリットは、あまり機材の扱いに慣れていないドクターの場合、くり抜く作業で傷を大きくしてしまう場合があります。

こうなると、後頭部の仕上がりは大きな「穴」だらけでボコボコになってしまう場合があります。

 

生えてこない

★傷ついた毛根からは髪は生えてきません!!

毛根の方向性(根元の方向性)は場所によってバラバラです。

そのため、毛根を摂取する際も「毛根の方向性」と同じ向きで(毛根を)くり抜かなくてはいけません。

あまり慣れていないドクターの場合、このバラバラの「毛根の方向性」がわからず、摂取するときに毛根を傷つけてしまう場合があります。

傷ついた毛根からは「髪は生えてきません」

 

髪は生えたが、密度がなくスカスカ!

★生えてはきたがスカスカ状態なんて・・・我慢できない!!

薄毛になっていない成人の髪の密度は平均すると「1平方センチに平均200~250本」くらいと言われています。

経験値豊富な熟練ドクターであれば、「1平方センチに200本以上」の高密度植毛ができます。

⇩「1平方センチに平均200~250本」の生え際
自毛植毛 髪 密度

これだけの毛量が復活できれば、前髪の毛量もしっかりあります。

⇩「1平方センチに平均200~250本」の前髪
自毛植毛 髪 密度

 

しかしあまり慣れていないドクターの場合「1平方センチに50~75本」ほどの密度でしか植毛ができません。

こうなると、せっかく植毛をしても髪の密度がなく「スカスカ」状態になってしまいます。

⇩「1平方センチに50~75本」の生え際
髪の毛 スカスカ 自毛植毛 髪 密度

これだけスカスカ状態ならば、前髪もやはり「スカスカ状態」になってしまいます。

⇩「1平方センチに50~75本」の前髪
髪の毛 スカスカ 自毛植毛 髪 密度

 

★熟練ドクターと、慣れていないドクターの再現できる髪の密度はこれだけ違います
自毛植毛 髪 密度

 

不自然な仕上がり

★一直線で人形のような不自然な生え際ライン

熟練した技術力のあるドクターならば、無くなってしまった(抜けてしまった)生え際のラインをとても自然で以前にあったように再現できます。

ただ、あまり慣れていないドクターの場合、生え際から目いっぱい「詰めて」生え際ラインを作る傾向があり、出来上がった生え際は「人形のような一直線」な不自然な仕上がりになりやすいです。

⇩これは人形の生え際ライン・・・
でもドクターの技術力によってこんな仕上がりになる可能性も・・・
植毛 失敗 生え際

--------------

★頭皮上で「髪の方向性がバラバラ」セットができない

頭皮上で髪の方向性・クセは場所にってもバラバラで違ってきます。

このバラバラな髪の方向性・クセがわかるには経験値が必要です。

私は美容師ては30年以上のキャリアがあります。

このバラバラな髪の方向性・クセがわからずカットをすると、絶対に仕上がりは不自然になってしまいます。

この頭皮上のバラバラな髪の方向性・クセがわかるには必ず経験値が必要になります。

自毛植毛も同じです、まだあまり経験値のないドクターであれば、頭皮の「元々の」髪の流れやクセがわからず植毛をしてしまい、「頭皮上でクセがバラバラになり」セットができない不自然な仕上がりになる危険性があります。

 

後悔しない自毛植毛のポイント:
経験値豊富・技術力が高い医師・ドクターが手術を担当してくれる「自毛植毛クリニック」

★親和クリニック

・音田正光ドクター
・FUSS方式(FUT方式の一種)症例数1000以上
・FUE方式症例数 2000以上
・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp

 


 

★親和クリニック

滝田 賢一ドクター
・4年間で800症例以上
・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp

 


 

★アスク井上クリニック

井上浩一ドクター
・4200件の症例数
・1回の手術で4000グラフト(約10000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://asc-cl.jp

 


 

ご注意点:最近「クリニックの症例数NO.1」などと宣伝しているクリニックもあります。
実はこれら「クリニックの症例数」は、上記でご案内したレジェンドドクターが所属していた時代の「各ドクターの症例数が加算」されている場合があります。


 

★ヨコ美クリニック

・今川 賢一郎ドクター
・日本の自毛植毛のパイオニア的存在
・15000症例 年間500~600件の手術回数
・1回の手術で3000グラフト(約7500本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:横浜

公式ホームページはこちら↓↓↓
http://www.yokobikai.or.jp

刈り上げない・剃らない自毛植毛手術ができる、熟練ドクターがいるクリニック

親和クリニック

(音田正光ドクター 滝田 賢一ドクター)

・1000グラフト(約2500本)

刈り上げるFUE方式の場合:  120万円
刈り上げないFUE方式の場合: 200万円

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡
公式ホームページはこちら↓↓
https://shinwa-clinic.jp


 

アスク井上クリニック
(井上浩一ドクター)

・1000グラフト(約2500本)

刈り上げるFUE方式の場合:  1165000円
刈り上げないFUE方式の場合: 1885000円

クリニック所在地:東京新宿
公式ホームページはこちら↓↓
https://asc-cl.jp


 

ヨコ美クリニック
(今川 賢一郎ドクター)

・1000グラフト(約2500本)

刈り上げるFUE方式の場合:  90万円
刈り上げないFUT方式の場合: 60万円

クリニック所在地:横浜

公式ホームページはこちら↓↓
http://www.yokobikai.or.jp/

 

まとめ

★自毛植毛が最終的には、一番安上がり、経済的な「髪を増やす」方法だった!

・自毛植毛で薄くなった生え際(M字薄毛)を復活させるには約50万円~70万円が必要

しかも自毛植毛だけが「増えた毛量を維持・キープする」のに追加のメンテナンス費用が必要ない

しかし「増毛」「薄毛治療」を5年続けると

増毛:約65万円~80万円

薄毛治療約:約65万円~180万円

が必要になる。

また「増毛」「薄毛治療」は今後もずっと「増えた毛量を維持・キープ」するには追加のメンテナンス費用が必要

結局長期的にみると自毛植毛(約50万円~70万円)が、増毛(約65万円~80万円)薄毛治療薬(約65万円~180万円)と比べると一番安上がり、経済的な「髪を増やす方法」でした。

★自毛植毛が一番安心・安全

自毛植毛の安心(増毛との違い):自分の髪が確実に生えてくる

自毛植毛の安全(薄毛治療薬との違い):薬のような副作用がない

★失敗、後悔しない自毛植毛は担当ドクターの経験値+技術力!

費用の安さだけで自毛植毛クリニックを選ぶと、後で後悔するかも・・・

自毛植毛に慣れてない、経験値不足、技術力ないドクターならば・・・と

・後頭部の傷が目立つ

・生えてこない

・髪は生えたが、密度がなくスカスカ!

・不自然な仕上がり

このような残念な結果になる可能性があります。

【薄毛業界人】からのアドバイス

各自毛植毛クリニックでは「無料相談」を行っています。

【薄毛業界人】からのアドバイスとしては、無料相談」はできれば1ヵ所(1クリニック)だけではなく、数ヵ所(数クリニック)へ行って相談してみてください。

その理由とは

自毛植毛に掛かる費用はやはり高額です。

そのため、いくつかの「クリニック」で「無料相談」をして

・明確な見積りを出してくれるか(これが一番重要)

・クリニックの病院としての清潔さ

・スタッフの対応

・担当ドクターとの相性

などをシッカリ比べてから、最終的に決める方が安心して自毛植毛手術を受けることができます。

----------------

相談は無料です。何も損することはありません。

薄毛で悩んでいるならば、まずは相談に行ってみてください。

動き出した人だけ、薄毛の悩みから脱出できます。


 

経験値豊富な技術力のあるドクターが自毛植毛手術を担当してくれるクリニック(無料相談あり)

親和クリニック

アスク井上クリニック

ヨコ美クリニック

-自毛植毛, 薄毛ニュース
-, ,

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.