自毛植毛 薄毛クリニック・病院 薄毛ニュース

結局「自毛植毛」が一番安い「髪を増やす方法」だった!vs「増毛」「薄毛治療薬」【薄毛専門美容師監修】

投稿日:


抜け毛が多い!
髪が薄くなって地肌・頭皮が丸見えになってきた!

こんなとき「髪がまた生えてきたらいいのになぁ・・」と思いますよね。

自毛植毛なら、自分の髪の毛が薄くなってきた部分に再び生えてきます!

でも自毛植毛って・・・
・値段が高いんじゃないの?
・失敗しないの?
・ホントに生えてくるの?
こんな疑問、心配、不安があるようですね。

そこで薄毛業界(自毛植毛クリニック勤務経験あり)で20年以上美容師として働いてきた管理人が自毛植毛の疑問や不安な点にお答えします。
今あなたが薄毛で悩まれているならばご参考にしてみたください。


★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:4600件以上のドクターが施術するクリニック
★業界内では高密度の植毛が可能(業界最小:直径0.6mmの筒状の機材使用
親和クリニック

なぜ植毛が「安い」と言えるのか?

自毛植毛は維持費が必要ない!
増毛、薄毛治療薬は、増えた毛量を維持するための維持費がずっと必要

自毛植毛では、一度生えてきた髪の毛はその部分でずっと生え続けます。
すなわち、生えてきた髪の毛の量(毛量)は今後ずっと変わりません。

増毛には、自分の髪の根元に増毛用の髪を結び付ける「結ぶ増毛・結着タイプの増毛」と、頭皮に直接髪が植えられたシート状のものを貼り付けて増やす「貼る増毛・増毛シート」があります。

「結ぶ増毛」では、結びつけた自分の髪が抜けると一緒に増毛も抜けてしまうため、「増えた毛量を維持するには、増毛の補充がずっと必要になります。
また「貼る増毛」もシートが破れたり、薄毛面積が大きくなると必然的に増毛シートも大きくなり、このような際は「増毛シートの交換、修理が必要」になります。
このように増毛では、増えた毛量を維持するには今後ずっと、補充や交換、修理等の費用がずっと必要になってしまいます。

薄毛治療薬は薬の使用を止めると、(薬の影響で生えた)髪は抜けてしまいます。
このため、毛量を維持するには今後ずっと薬の費用がずっと必要になります。

自毛植毛だけが、増えた毛量を維持・キープするための「維持費が掛かりません」

髪の毛1000本でどらくらいカバーできるの?値段は?

「髪の毛1000本」と言ってもなかなかピンとはこないでしょう。

そこで・・・
⇩これが「髪の毛10000本 50本束×2=1000本」です。
髪の毛 1000本 増毛

「束」になっていると少なそうなイメージがあるかもしれませんが、バラバラにするとかなりの量感があります。
⇩500本束×2本をバラバラにしてみた状態
髪の毛 1000本 増毛

どうですか?バラバラにするとかなりの量(毛量)になりますね。

それでは、この1000本の髪を増やした場合のカバーできる範囲と値段をお見せします。

植毛の場合:薄毛が進行したて後退したM字ハゲ部分と、おでこを少し狭くできる

その前に・・・自毛植毛の髪の数え方について

1つの毛根からは1~3本の毛が生えています。
またこの1つの毛根を「グラフト・株」と言います。
そこで多くの植毛クリニックでは、1株を約1~2.5本で計算します。

例:500株=髪の毛:約1000本

自毛植毛1000本でカバーできる範囲と費用

・範囲:薄毛が進行したて後退したM字ハゲ部分と、おでこを少し狭くできる
・費用:約50万円~70万円

植毛計算図:引用:親和クリニック

⇩M字ハゲ+おでこを少し狭くしたイメージ

(これは植毛ではなく「貼る増毛」でM字ハゲ+おでこを少し狭くしたイメージを再現しています)
(増毛写真提供かつら屋ドットコム

自毛植毛の費用についての関連記事
【自毛植毛の費用・値段】植毛1000グラフトでカバーできる範囲と価格。おでこは狭くできるの?

増毛の場合:「前髪スカスカ」「M字ハゲ」「ツムジはげ」に1000本増毛してみた!

■前髪スカスカに1000本増毛

⇩前髪が薄くなり、生え際がスカスカ状態。
前髪、生え際スカスカ 増毛
この「生え際スカスカ」に10000本の髪を増やしていきます。

⇩まずは生え際スカスカ:右サイドに250本の髪を増やしてみました。
前髪、生え際スカスカ 増毛

⇩生え際スカスカ:右サイドに250本から500本髪を増やす前髪、生え際スカスカ 増毛

⇩「生え際スカスカ」全体に1000本の髪が増えた状態
(右サイド:500本 左サイド:500本)
前髪、生え際スカスカ 増毛


 

■M字ハゲに1000本増毛

⇩生え際の髪が抜けてしまった、俗にいう「M字ハゲ」状態
生え際スカスカ M字ハゲ 増毛

 

⇩「M字ハゲ」部分、赤い四角部分に増毛します。
生え際スカスカ M字ハゲ 増毛

 

⇩M字ハゲ:右側にまず250本増毛してみた。
生え際スカスカ M字ハゲ 増毛

 

⇩M字ハゲ:右側に250本から500本と増やしてみた。
前髪、生え際スカスカ 増毛

 

⇩「M字ハゲ」増毛前から500本 髪が増えた!
前髪、生え際スカスカ 増毛

 

⇩「M字ハゲ」両側に500本から1000本 髪を増やした!
前髪、生え際スカスカ 増毛


 

■つむじハゲに1000本増毛

⇩つむじハゲ状態
つむじハゲ つむじ薄い つむじ薄毛

 

⇩上の状態でまず前半分に500本髪を増やしてみました。
頭頂部 つむじ 分け目 薄い 増毛

⇩後ろ半分にも500本 合計1000の髪の毛が増えた状態

頭頂部 つむじ 分け目 薄い 増毛

頭頂部 つむじ 分け目 薄い 増毛


■増毛1000本に必要な費用

・年間約13~16万円が必要

一般的に1日で約100本前後の髪の毛が自然脱毛(正常なヘアサイクル)で抜けていきます。
残念ですが、薄毛が進行している人はヘアサイクルが正常に働いていない場合が多く、脱毛も多くなっています。

増毛で結びつけた「自分の髪」もやはり抜けてしまいます。
このため1000本の増毛の毛量を維持するには年間で約1500本から2000本程度の「追加の増毛」が必要になってしまいます。

そこで、各増毛会社の料金・費用を比べてみました。

増毛会社によって多少異なりますが、増毛1本の費用は約40円から100円程度です。


スヴェンソン

・マイヘアプラス
基本料金 100ユニット(200本~600本)20000円 1本約100円

・マイヘアプラス10
1000ユニット(2000~6000本)160000円 1本約80円

・マイヘアプラス25
2500ユニット(5000~15000本)350000円 1本約70円

カット料金:4000円+税

スヴェンソン:伸びた根本を下げる費用:1回6000円

アデランス

・バイタルEXネオ
1パッケージ 1500本 90000円+税 1本約60円
取り付け費用:250本:1000円+税
(伸びた根本は元に戻せないタイプ)

・バイタルEXマイクロリターン
1シート 3000本 138000円~ 1本約46円
(伸びた部分を元に戻せるタイプ)

取り付け費用:300本:1000円+税

カット料金:4700円+税

アデランス:伸びた根本を下げる費用:60本(1チップ)につき 200円


アートネイチャー

アートネイチャーは「大きさやその人の使用頻度によって月に掛かる費用は異なる」とのことで、ハッキリした費用を提示してくれません。


 

各増毛会社では、「無料増毛体験・相談」や「お試し増毛:大体1000本で1万円前後)」を行っています。

詳しくは各増毛会社にご連絡してみてください。(相談は無料です)

スヴェンソン:「増毛無料お試し体験」

アートネイチャー:「増毛無料お試し体験」

アデランス:「増毛無料お試し体験」

自分でメンテナンスができるなら
「貼る増毛:通信販売:かつら屋ドットコム」
(このサイトの増毛写真は、かつら屋ドットコム提供)

5年続以上で「増毛」「薄毛治療薬」の方が費用が大きくなる!!

・結局、長期で比較すると自毛植毛が一番「安い」!!!

先ほども書きましたが、自毛植毛だけが「増えた毛量を維持する追加の費用が必要ありません」
増毛・薄毛治療薬は、毛量を維持するには今後ずっと追加の費用が必要になってしまいます。

そこで「植毛」「増毛」「薄毛治療薬」を5年続けた場合の「費用の違い・差」をグラフにしてみました。

・植毛:最初に50~70万円が必要:最初だけ
・増毛:年間約13~16万円が必要:今後ずっと掛かる
・薄毛治療薬:年間約12~24万円(月間1~2万円)が必要:今後ずっと掛かる

 

植毛 増毛 薄毛治療
1年目の費用 約50万円~70万円 約13万円~16万円 約12万~24万円
2年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万~24万円
3年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万~24万円
4年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万~24万円
5年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万~24万円
5年間でかかった費用 約50万円~70万円 約65万円~80万円  約60万円~120万円

このように5年間でかかる費用を自毛植毛、増毛、薄毛治療で比べると「自毛植毛が一番安い」のがわかります。

自毛植毛は最初に少し高めな費用が必要ですが、長期的な出費・費用を計算すると「一番安い」髪を増やす方法でした。

失敗しない、後悔しない植毛クリニックの選び方

〇必ず経験値豊富な熟練ドクターがいるクリニックを選ぶこと!
✖値段・価格だけクリニックを選ぶのは「後悔の始まり!!?」

自毛植毛は後頭部周辺の髪:毛根を切り取り、薄毛・ハゲ部分に移植する手術です。

この毛根を薄毛部分に「生えてきた後のスタイルなどを想像して」移植します。

これらの技術には絶対的に「経験値から成る技術力が必要」になります

・特に毛根を切り出す工程はとても繊細な技術が必要です。
この時に毛根に傷がついてしまうと「髪は生えてきません」
自毛植毛 失敗

植毛担当ドクターの経験値があまりないと、生え際の自然さ、髪の流れをわからずに植毛してしまい「人形のような一直線の生え際」や「不自然な髪の流れ・クセ」になってしまう可能性が高くなります。

自毛植毛で失敗・後悔したくないならば、必ず経験値豊富な熟練ドクターがいるクリニックで手術を受けてください!

価格・料金だけでクリニックを選ぶと後悔するリスクが高くなる確率が上がってしまいます。!!

自毛植毛クリニック選びに関しては、当ブログ内
植毛クリニック・病院やドクターの選び方!自毛植毛で失敗して後悔しない方法がコレ!!も参照ください。

-------------------------------------------

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:4600件以上のドクターが施術するクリニック
★業界内では高密度の植毛が可能(業界最小:直径0.6mmの筒状の機材使用
親和クリニック

-自毛植毛, 薄毛クリニック・病院, 薄毛ニュース
-, , ,

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.