自毛植毛

【自毛植毛の失敗!?】植毛後の髪密度が荒いと「髪の毛スカスカ状態」になってしまう!?

更新日:


自分の髪の毛が再び生えてくる・復活できる「自毛植毛」は薄毛・ハゲで悩む人にとっては「究極の薄毛回復方法」です。

私は20年以上薄毛業界で美容師として多くの「自毛植毛経験者」のカットをしてきました。

ただ、残念ですが

「ホントに植毛してきたの?」
「生えてはいるが、密度がなくスカスカ状態」
「これって失敗!???」

このような人を実際にカットしてきました。

そこで薄毛業界で20年以上働いてきた管理人が、自毛植毛に関しての失敗ポイント「密度がなくスカスカになった原因と対策方法」をご案内いたします。

もし今あなたが薄毛・ハゲで悩み、自毛植毛に興味があるならば、ご参考にしてみてください。


 

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:4600件以上のドクターが施術するクリニック
★業界内では高密度の植毛が可能(業界最小:直径0.6mmの筒状の機材使用
親和クリニック

一般的な髪の密度はどれくらい?

★一般的な「薄毛でない成人・フサフサ状態」の髪の密度は、1㎠に約200本~250本と言われています。

⇩1㎠に約200本~250本の生え際の密度
髪の密度 植毛 失敗 密度ない

 

1㎠に約200本~250本の髪密度があれば、前髪を下した状態でも、十分な毛量があります。

⇩1㎠に約200本~250本:前髪を下した状態
髪の密度 植毛 失敗 スカスカ状態

写真は「貼る増毛・増毛シート」で生え際などの毛量・密度を再現しています。
(植毛の写真ではありません。)
全ての写真提供:かつら屋ドットコムさん

極細径パンチブレード+熟練ドクターの技術力で高密度植毛が可能に!

★業界最小:直径が0.6mmの極細径パンチブレード(筒状の機材)を使用
★経験値豊富な技術がある医師による移植

この2つの条件が満たされれば、上の写真のような高密度:1㎠に約200本以上の植毛ができます。


 

薄毛になって髪が少なくなる人でも後頭部周辺まで「髪が抜ける、薄くなる」人はあまりいません。

自毛植毛では、この「髪が抜けにくい、薄毛になりにくい」後頭部周辺の髪の毛(毛根)を、薄くなった部分に移植・植毛する手術です。

移植された毛根は、その部位で今後ずっと生え続けます。

今では、植毛で使用される機材はとても進歩しており、後頭部から毛根を取り出す(切り出す)際に使われるパンチブレード(筒状の機材)の直径も0.6mmの極細径の最新型を使用しているクリニックがあります。

また直径も0.6mmの極細径であれば、髪の植え付け時の穴も極小のホールで移植することができ、これにより痛みの緩和と感染症のリスクを下げ、施術後の回復時間を短縮すすことも可能になりました。

ただ、このような繊細な機材を使用するには、担当医師の経験値による技術力が絶対的に必要です。

⇩極細径パンチブレード+熟練ドクターの技術力なら
1㎡に200本以上の高密度植毛が可能

髪の密度 植毛 失敗 密度ない

直径が0.6mmの極細径パンチブレードを使用している植毛クリニック

親和クリニック

アスク井上クリニック

日本皮膚科学会も「経験豊富な医師の施術に限り」を植毛を推奨している!

日本皮膚科学会も学会内で発表された「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」内で自毛植毛は男性型脱毛症には有効であるとしています。

引用:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

但し、ここには注釈(注意書き)があります。

それは・・・
十分な経験と技術を有する医師が施術する場合に限り.男性型脱毛症には自毛植毛術を行うよう勧める」
とあります。

自毛植毛手術を受けるならば、必ず経験値豊富な熟練ドクターが手術を担当してくれるクリニックを選んでください。

あまり経験値がない医師が植毛手術を担当すると、後で後悔するかもしれません!?

髪の密度が荒い(低い)と「スカスカ状態:低密度」になる!

残念ですが、
▲直径の太い機材(パンチブレード)を使用
▲あまり経験値がない医師が移植を担当
こうなると1㎠に約50~75本(20~40グラフト以下)の低密度の植毛しかできません。

1㎠に約50~75本の低密度では「髪の毛スカスカ状態」に見えてしまいます。

⇩低密度「髪の毛スカスカ状態」の生え際
1㎠に約50~75本

髪の毛 スカスカ 植毛 失敗 密度

⇩1㎠に約50本~75本:前髪を下した状態
髪の毛 スカスカ 植毛 失敗 密度

せっかく自毛植毛手術を受けても、生えてきた髪が低密度の「スカスカ状態」では満足できないですね。

⇩低密度と高密度の生え際を比べてみると・・・
植毛 密度 髪の密度

経験値がないと「スカスカ状態」になる原因:その2

▲経験値がないと「髪が生えてこない!?」

ご存知の通り、髪のクセ、髪の流れは人それぞれです。

後頭部周辺でも、髪のクセ、髪の流れはバラバラです。

この髪の流れを作っているのが「頭皮下の毛根の方向・向き」です。

このように後頭部周辺の「毛根の方向・向き」は一定方向ではなくバラバラです。

あまり経験値がない医師の場合、このバラバラの毛根の方向がわからず、一定の角度で(毛根を)切り取ってしまう傾向があります。

傷ついた毛根からは「髪は生えてきません!」

植毛ロボットについて・・・

最近のロボット化は植毛業界にも押し寄せてきています。

植毛ロボットを使用しているクリニックも増えてきています。

植毛ロボットの特徴は、正確性とスピードです。

一定方向で正確に毛根を素早く取り出す(切り出す)のが特徴です。

ただ、先ほども書きましたが、髪の流れ(毛根の方向・向き)はバラバラです。

私は美容師としては30年の経験値があります。

このバラバラの髪クセ、髪の流れが分からないと、必ずカットは失敗します。

髪クセ、髪の流れが分かるには、必ず経験値が必要です。

そこで、美容師歴30年の技術者としての「個人的な意見ですが」

「髪の流れによって角度を変えることができる」経験値豊富な医師と、植毛ロボットを比べると・・・

ロボットのように一定方向で毛根を切り出すと、(向きがバラバラな)毛根を傷つける可能性が高くなると思います。

経験値豊富な医師がいるクリニックでは、このような植毛ロボットはまず使用していません。
(使う必要性がない)

また植毛ロボットは大変高額な医療器具です。

この高額な植毛ロボットの価格が、植毛料金に反映していると思うと・・・チョット考える部分はありますね。
(管理人である美容師の個人的な感想です)

生え際・M字部分 高密度vs低密度「スカスカ状態」

⇩生え際の両サイド「M字」部分の髪が抜けた、俗に言う「M字ハゲ」状態
M字ハゲ

このM字ハゲ部分に髪の毛を増やした場合でも高密度と低密度では、見た目が全く違ってきます。

 

⇩高密度で髪が増えると・・・
M字ハゲ 回復

⇩M字を横から見ると・・・

M字ハゲ 回復


 

▲低密度で髪が増えると・・・

⇩低密度だと・・・「スカスカ状態」

⇩M字を横から見ると・・・

M字ハゲ 回復


 

⇩高密度と低密度を比べてみると・・・
M字ハゲ 回復

⇩M字を横から見ると・・・

M字ハゲ 回復

どうですか、M字ハゲ部分の髪を増やしてみても、高密度と低密度ではこれだけ見た目が違ってきます。

自毛植毛手術を受けるなら、「スカスカ状態」にならないためにも
★業界最小:直径が0.6mmの極細径パンチブレード(筒状の機材)を使用
★経験値豊富な技術がある医師による移植
この条件を満たした植毛クリニックで手術を受けてください。

極細径パンチブレード使用+経験値豊富なドクターがいる植毛クリニック

★親和クリニック

・音田正光ドクター
・FUSS方式(FUT方式の一種)症例数1000以上
・FUE方式症例数 2000以上
・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp

 


 

★親和クリニック

滝田 賢一ドクター
・4年間で800症例以上
・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp

 


 

★アスク井上クリニック

井上浩一ドクター
・4200件の症例数
・1回の手術で4000グラフト(約10000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://asc-cl.jp

----------------------------

関連記事:

植毛費用が安い&安心!経験値豊富熟練ドクター担当の自毛植毛クリニックがココ!

植毛のデメリット!費用が高い!?実は植毛が一番安い「髪を増やす方法」だった!?

後頭部の毛を剃らない、刈り上げないで自毛植毛手術はできないの?

-自毛植毛
-, ,

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.