薄毛業界で20年以上美容師働く管理人が監修・提案する「髪の毛を増やす方法」

【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ

薄毛・ハゲの基礎知識

40代50代 薄毛が一番進行する年代の対策法 AGAの進行を遅らせ髪を増やす!【薄毛業界人監修】

投稿日:

40代、50代薄毛対策をシッカリしなければ、「完全薄毛」になってしまうかも!!

40代、50代の薄毛の原因で大きいのがAGA(男性型脱毛症)です。

このAGAは年齢を重ねるごとに発症率は、上がります。

日本皮膚科学会の発表によるとAGAの発症率は
20代:約10%
30代:約20%
40代:約30%
50代以降:40数%
となっています。
(引用:日本皮膚科学会:男性型脱毛症診療ガイドライン

40代、50代になってくると仕事上のストレスも以前より増え、また体力も落ち始める年代。
接待等での外食が続きタバコ、お酒の量も増え、寝不足気味の毎日が続きます。

これらも立派な「薄毛原因のオンパレード」です。

残念ですが、薄毛AGAは進行性です。

何も対策をとらず放っておくと、気が付くと「完全ハゲ状態」になってしまう危険性は大きいです。

安心してください。

現代では薄毛・AGAの進行は適切な治療を行えば、進行を遅らせる治療法が確立しています。

また治療で髪を増やす方法もあります。

これら「薄毛・AGAの進行を遅らせる方法」「髪を増やす方法」を【薄毛業界人】がご案内いたします。

 

薄毛・AGAの進行を「治療」で遅らせる。

★AGAでの薄毛原因は、ヘアサイクル(毛周期)が乱れること

「細く短い毛」が抜けているとAGAの始まり。

AGAになると、ヘアサイクルで一番大事な髪を成長させる「成長期」が極端に短くなり、まだ成長していない「細く短い毛」の状態で、髪が一旦抜ける「後退期」に入ってしまいます。

その後またヘアサイクルに入っても、成長期が短くなっているので、髪が育たず薄毛がどんどん進行してしまいます。

現在国が認めたAGAの治療薬「プロペシア(主成分:フィナステリド)」と「ザガーロ(主成分:デュタステリド」はこの乱れたヘアサイクル(毛周期)を正常にして薄毛の進行を遅らせる薬です。

 

デメリット

★継続使用による体への影響、副作用

薄毛治療薬は飲み続けることで、薄毛の進行を遅くします。

薬の使用を中止すると、また薄毛は進行していきます。

そのため、今後ずっと薬を飲み続けなくてはいけません。

薬を飲み続けることで体への影響、特に腎臓、肝臓への負担が増えてしまいます。

また「プロペシア、ザガーロ」には「ED、精子減少、勃起不全、うつ症状」などの副作用が報告されています。

副作用の発症率は約2%ほどと言われています。

実際にプロペシア、ザガーロを飲まれている私のお客様に「副作用でアッチの方はどうですか?」と聞くと、ほとんどの方は「問題ない」との答えでしたが、やはり数名ほど「アッチがちょっと元気がないので薬を止めようかなぁ・・」と悩んでいる方もいました。

 

「治療」で髪を増やす

薬で髪を増やす方法

★ミノキシジルで髪を生やす

ミノキシジルは国が認めた「発毛剤」

この動画内でも「日本で唯一発毛する育毛剤です」「髪が生える効果と言い切っています。

リアップ(主成分:ミノキシジル)を製造販売する大正製薬のデータでは「使用52週終了時では9割以上の方が発毛効果を実感している」といった検証結果があります。

引用http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

デメリット

★薬用成分がほとんど流れ落ちてしまっている。

外用薬(頭皮につける、塗布タイプ)の場合、薄毛部分に留まる割合は約20%と言われていいます。

後の80%は流れ落ちてしまっています。

これはもったいないですね。

そこでミノキシジルには飲むタイプ、タブレットタイプがあります。(通称ミノタブ)

タブレット(飲むタイプ)であれば、流れ落ちるようなムダがありません。

現場でも外用(塗布タイプ)ではあまり」効果が無かった方が、タブレット(飲むタイプ)にしてから、かなり毛量が増えた方が多くいました。

ただ、まだあまりこのミノキシジルタブレットを処方してくれるクリニックは少ないです。

オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」ではネット通販でミノキシジルタブレットを処方してくれます。

 

確実に自分の髪を生やす・復活させる方法

★自毛植毛なら確実に自分の髪の毛を生やす・復活できる。

薄毛治療薬「プロペシア、ザガーロ、ミノキシジル」は薄毛に効果があるデータはありますが、「100%髪が増える」とは言い切れません。

しかし自毛植毛なら確実に自分の髪の毛を生やす・復活することができます。

40代50代で薄毛になってしまった人でも、後頭部周辺の髪まで無くなる人はまずいません。

自毛植毛はこの「薄くならない後頭部」周辺の髪・毛根を、薄くなった部分に移植させる手術です。

移植された髪・毛根はその部位で今後ずっと生え続けます。

髪は徐々に生える・伸びるので、他人からわからない、バレにくい薄毛対策です。

また薬のような副作用がないので、「薬の副作用や長期使用による体への影響」が心配な方も安心して受けられる薄毛対策方法です。

 

デメリット

★手術を担当するドクターの技術力の「差」によっては後悔する可能性「大」です。

自毛植毛手術はとても繊細な作業が続く手術です。

そのため手術担当医師・ドクターには熟練した技術力が絶対的に必要になります。

残念ですが、技術力のないドクターが手術を行うと・・・

・生えてこない
・生えてきても密度が無くスカスカ状態
・後頭部の傷が大きくなり目立ってしまった。
・生え際が不自然に一直線上

このような手術結果になる場合があります。

実際に私も薄毛現場でこのように「手術をして後悔している人」を見ています。

自毛植毛は自分の髪を確実に生やすことができる、薄毛対策の最高技術です。

この自毛植毛を成功させるには、必ず「熟練した技術力のある医師・ドクター」に手術を担当してもらってください。

詳しくは⇨「自毛植毛の名医はだれ?ちゃんと生えるの?後悔しない名医の選び方は経験値と症例数です。」をご覧ください。


 

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:3000件以上の熟練ドクターが施術するクリニック
親和クリニック

 

AGAの進行を遅らす、髪の毛を増やす費用はいくらくらい?

★くすり代金 1ヵ月で約1万円~3万円
★自毛植毛:1000本約60万円

薄毛治療に必要な費用

主な薄毛・AGA治療にかかる費用は、
・診察料
・くすり代金
・薄毛クリニックに通う往復交通費
になります。

薄毛の進行を遅くするプロペシアやザガーロ単体では、1ヵ月約1万円くらいです。

また髪を生やすミノキシジルも単体では、1ヵ月約1万円くらいです。

もちろんこれら「薄毛の進行を遅くする薬」と「髪を生やす薬」を一緒に使用する方が効果的です。

またミノキシジルが主成分の注射治療もあり、これらを総合的に受けると治療費は1ヵ月約3万円(またはそれ以上)くらい掛かります。

----------------------------

★薄毛クリニックに行くのが恥ずかしい、時間がない(もったいない)

私は薄毛専門クリニックで働いた経験がありますが、当時来院した方に聞くとやはり

「薄毛クリニックに行くことが恥ずかしかった」

「そもそも他人の目線が気になるのに、わざわざ薄毛を見せに行くことに抵抗があった」

「毎月クリニックに薬を取りに行く時間がない、毎回の往復交通費が高くて困る」

このような意見を聞きました。

以前は薬の通販は禁止されていましたが、現在では「遠隔診療」が解禁となり、家に居ながらネット(LINEなど)を通じて薄毛の診察・診断から薬の処方までできるようになりました。

薬の通販が可能になったので

・診察料(再診料)
・通院のための往復交通費

が要らなくなります。

オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」

髪のクリニックSeedの料金体制

遠隔診療方法 LINE(ライン)ビデオ通話
初診費用 3000円
再診費用 0円
血液検査費用(クリニックで受けた場合) 5000円
血液検査費用(クリニックで受けた場合) 6000円
プロペシア(1ヵ月) 6700円(最安値)
フィナステリド(プロペシアのジェネリック)(1ヵ月) 4900円(最安値)
ザガーロ(1ヵ月) 8200円
デュタステリド(ザガーロと同成分)(1ヵ月) 6900円(最安値)
ミノキシジル外用薬(1ヵ月) 9300円(最安値)
ミノキシジル内服薬(1ヵ月) 9300円(最安値)

・クリニック所在地
渋谷区渋谷2-8-2 荻津ビル5階

受付時間
月~日:10:00~19:00
休診日:不定休・祝日

オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」

--------------------------

ただ「ドクターと直接会って色々と相談したい」と言う方も多くいます。

このような場合は全国に50ヵ所以上提携クリニックがあり、通院しやすい【AGAスキンクリニック】が便利です。

AGAスキンクリニックさんはよくキャンペーンで「初診料:5000円分無料」「血液検査費用:20000円無料」などを行っていることでも有名です。

またクリニックのオリジナル発毛薬「Rebirth」には、「髪を生やす:ミノキシジル」だけではなく、「抜け毛と止める医薬成分:フィナステリド」も一緒になった画期的な薄毛治療薬です。

AGAスキンクリニックの料金体制

初診費用 5000円 ※無料キャンペーン有
再診費用 0円
血液検査費用 20000円 ※無料キャンペーン有
プロペシア(1ヵ月) 7000円(初回のみ4200円)
フィナステリド:FCI製(1ヵ月) 4800円(初回のみ半額キャンペーン有)
フィナステリド:ファイザー製(1ヵ月) 6000円(初回のみ3400円)
ザガーロ(1ヵ月) 8200円(初回のみ4800円)
オリジナル内服薬「Rebirth」
(フィナステリド+ミノキシジル)
14000円から22000円
オリジナル外用薬「Rebirth」
(フィナステリド+ミノキシジル)
14000円

・クリニック所在地
全国に50ヵ所以上

■発毛実感率“99.4%”の実績!【AGAスキンクリニック】

 

自毛植毛に必要な費用

★自毛植毛は植える面積や密度によって必要な本数と費用・値段は変わります。

一般的に1つの毛根から「1~3本」の髪が生えています。
自毛植毛ではこの1つの毛根を「株」や「グラフト」と呼びます。

多くの自毛植毛クリニックでは「1グラフトを約2本」で計算しています。

例:
500株:約1000本
1000グラフト:約2000本


 

★生え際やおでこに植毛するには60万円~130万円が必要

 

生え際が少し後退、M字部分が少し寂しくなった場合
1000~1500本が必要
費用:約50万円~70万円

生え際がかなり後退、広くなったおでこを狭くするのは
2000~3000本が必要
費用:約90万円~130万円

このように生え際だけを植毛するには約60万円くらいがかかります。

また広くなったおでこを狭くするには90万から120万円くらいがかかってきます。

総合的にみると自毛植毛の値段・費用は約60万円~130万円が必要になります。

「約60万円~130万円」というとやはり「高い」イメージがありますね。

でも長期的にみると自毛植毛が一番経済的:安上がりな薄毛対策でした。

 

実は自毛植毛が一番経済的だった

プロペシアやザガーロ、ミノキシジルでは、増えた髪の量(毛量)を維持するには、継続的に費用(薬代金)がかかってしまいます。

この費用は月間で「約1万円~3万円」年間にすると「約24万円~36万円」になります。

この年間費用「約24万円~36万円」はずっとこれから必要になります。

しかし自毛植毛の場合1回の手術(出費)で、増えた毛量を維持できます。

メンテナンス費用は必要ありません。

そこで、5年間でかかった費用を比べると・・・

植毛 薬による薄毛治療
初回費用(値段)初年度 約60万円~130万円 約24万円~36万円
2年目 0円 約24万円~36万円
3年目 0円 約24万円~36万円
4年目 0円 約24万円~36万円
5年目 0円 約24万円~36万円
5年間で掛かった費用(値段) 約60万円~130万円 薬120万円~180万円

このように5年後では、薬による薄毛治療の方が高くなります。

また薬による薄毛治療はこの先もずっと費用がかかり続けます。

薄毛現場でお客様に自毛植毛の話をすると

「自毛植毛って高いんだよなぁ・・」とよく言われました。

私自身薄毛業界で20年以上働いていますが、結局自毛植毛が一番経済的で、確実に自分の髪を復活させることができる最高の薄毛対策と実感しました。

 

まとめ 結局40代50代の薄毛対策はどれが良いの?

40代50代から薄毛・AGAの進行度は早くなります。

40代50代から薄毛対策は

・「薄毛の進行を遅くする」プロペシアやザガーロの使用開始

・「髪を生やす」ミノキシジルの使用開始、ミノキシジルタブレットの服用開始

・「自分の髪を確実に復活させる」自毛植毛

あなたが今薄毛で悩んでおり「手術が嫌でないならば」・・・

結局自毛植毛が一番安全(副作用がない)で、経済的(メンテナンス費用が必要ない)確実に髪が生える、薄毛から解放される対策方法でしょう。

 

★安心の自毛植毛手術症例数:3000件以上の熟練ドクターが施術するクリニック
親和クリニック

 

★一番安く薄毛治療ができる
オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」

 

★全国約50ヵ所以上の提携クリニック:通いやすい
■発毛実感率“99.4%”の実績!【AGAスキンクリニック】

 

-薄毛・ハゲの基礎知識

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.