薄毛・ハゲの基礎知識

本格的な薄毛対策開始の年代 30代!!なにもしないとハゲるかも!?

更新日:

30代 薄毛の薄毛が気になり始める年代 第1位

20代でも薄毛が気になる人はいますが、本格的に薄毛で悩み始めるのがこの30代です。

30代 薄毛が気になる「前兆」とは・・・

・髪の毛を乾かす時間が、以前と比べて短くてすむようになる。
・髪をセットしてもすぐに崩れる。
・髪の毛のボリュームがなくなった。
・髪が濡れると地肌が丸見えだ。
・髪を触ると、すぐに指が頭皮に当たる。
・シャンプーの際の抜け毛が増えている。
・抜けている毛のほとんどが「細く短い毛」だ。

20代ではまだまだ、このようなことが起きていなくても、30代になると薄毛の加速度はどんどん上がります。
抜け毛が止まらなくなり、髪の毛が段々細くなり、薄毛化が加速します。

「まだ大丈夫」などと思い、なにもしないと・・・
将来「完全薄毛」になる確立はどんどん上がります。

30代、そろそろ本気で薄毛対策が必要な年齢

20代と比べて、食生活も変化します。
脂っこい食事の消化が悪くなり・・皮脂の分泌が過剰になる。
仕事の責任も増え始める・・ストレスによる脱毛。
タバコやお酒の量も増え始める・・血流が悪くなり脱毛がはじまる。
仕事量の増加・・寝不足による脱毛。
このように20代と比べると生活習慣・体調も変化することにより
脱毛が加速する30代です。

30代 薄毛治療薬ミノキシジル、プロペシアを開始する年代

血行が悪くなると栄養分が髪に届きにくくなり、最終的に薄毛になってしまう場合があります。
ミノキシジルは血行を良くして髪に栄養が行き渡りやすくして発毛を促進させる作用があります。

★ミノキシジルは「発毛を促進する」攻撃タイプ

抜け毛を止めないと、完全薄毛が加速します。
20代ではまだ早いかもしれませんが、30代で薄毛治療薬・プロペシア(フィナステリド)を開始する人が多いです。
プロペシア(フィナステリド)はAGAの治療薬として国が認めた薬です。

★プロペシアは「脱毛を止める」予防タイプ

30代は真剣に子作りを考え始める年代。ただ・・プロペシアの副作用は気になる

もちろん20代で子作りをする人は多いです。ただ30代になると(20代と比べると)もっと真剣に子作りを考える人が増えます。
そこで気になるのが、プロペシアの副作用である
「男性機能の低下」
「女性禁止薬、特に妊婦は薬に触れてもダメ」

文献上は
「セックスでプロペシアの成分は女性には伝染らない」とされています。
また多くのドクターも「子作りにはプロペシアは影響ない」と言っています。

ただやはり「気にならない」わけではないと思います。

30代 まずはミノキシジルで薄毛改善開始

医薬品と育毛剤の発毛効果を比べるとやはり医薬品の方が効果が期待できます。
まずは医薬品:ミノキシジルで薄毛改善開始

ミノキシジルは医薬品ですので「薄毛専門病院・クリニック」で処方されます。
薄毛専門ドクターの診断を受けることで、より正確な「薄毛治療」ができます。

ミノキシジルを処方してもらうには

信用できる薄毛専門クリニックに相談するのが一番安心。
★めちゃくちゃ便利!!
「薄毛クリニック行くことが恥ずかしい!面倒だ!時間がない!」そんなアナタには・・・
スマホ(LINE)だけで自宅までプロペシアやザガーロを届けてくれる!
結果的に薄毛治療約が安く手に入る!!
オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」

でも副作用は気になるが「抜け毛」が多くて気になる人は・・・

厚生労働省認可。ミノキシジルと同様の成分配合の育毛剤

 

-薄毛・ハゲの基礎知識

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.