薄毛対策・薄毛ニュース

10代、20代の「若ハゲ」で抜け毛・薄毛で悩む人が増えている。

投稿日:

自分に合った薄毛治療・改善・回復対策方法を見つける!失敗しない薄毛対策

 

最近抜け毛が増えて、段々前髪がスカスカになってきた・・・
ヘアースタイルが決まらない!

明らかに実年齢より上に見られる・・・
30代なのに、薄毛のせいで「50歳に間違われた!」

人の視線がどうしても「オデコ周辺」に感じる

同窓会に行きたくない・・・

薄毛・若ハゲでこのような経験はありませんか?

「このまま薄毛は放っておいていいのだろうか?」

「放っておいたら、どうなってしまうのだろうか?」

私は薄毛業界で20年以上働き、延べ2万人以上の薄毛を実際に現場で見てきました。

残念ながら、薄毛・若ハゲは進行性があります。

(自分の薄毛を)見て見ぬふりをして、何もせず放っておくと・・・

とても近い将来、若ハゲから「完全ハゲ、ツルッパゲ」になってしまう可能性もあります。

安心してください!

今では様々な方法で、「薄毛を回復」させることができます。

多くの方々が「自分にあった治療・改善・回復対策方法」を選び、その結果「髪が増えたことで、自信を取り戻し」満足されて生活しています。

今から薄毛業界(カツラ業界、自毛植毛クリニック、薄毛専門クリニック)で長年働いてきた美容師である管理人が、「自分にあった治療・改善・回復対策方法」をを案内させていただきます

>>★副作用なし!ミノキシジルよりも発毛実感スピードが早い。
天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>

★めちゃくちゃ便利!!
自宅に居ながら、スマホ(LINE)だけで「診察」と薬の「処方・郵送まで」してくれる!
診察料+「交通費」がずっと「0円」
オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」

★自分にあった治療・改善・回復対策方法を見つける!!

20年前はまだ薄毛の治療薬が開発・認可されていなかったので
・「怪しげな会社が、怪しげな育毛剤」を販売していたり
・「不自然なカツラ」で我慢しなければいけなかったり
抜け毛が増え、髪の毛が薄くなって悩む人達にとって「闇」の時代でした。

今では色々なものが進歩しており
治療薬・医薬品の使用や進化した自毛植毛手術で治療・改善できたり
新しい治療方法が開発されたり
ちゃんとした会社が効果のある育毛剤を開発したり
増毛技術が進歩して、生え際なども自然に見せられるカツラができるようになったり
抜け毛が増え、髪の毛が薄くなって悩む人達にとっても「明るい」の時代になりました。

医薬品や自毛植毛、メソセラピー、注射療法で治療・改善できる時代になりました。

ミノキシジル、プロペシア、ザガーロで治療・改善する

今では「髪の毛が抜け、薄くなる症状は病気の一種」であるといった考え方をするようになってきています。
病気ならば専門の病院、クリニックで医薬品で治療・改善ができる時代です。

1999年に大正製薬から「髪が生える治療薬:育毛剤(発毛剤)」としてリアップ(主成分:ミノキシジル)が発売されました。
2005年にはMSD株式会社(旧:万有製薬)がプロペシア(主成分:フィナステリド)を、また20416年にはグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)がザガーロ(主成分:デュタステリド)をAGAの治療薬として発売されました。

これらの薬は厚生労働省がその「発毛治療効果:ミノキシジル」と「抜け毛予防治療効果:フィナステリド、ザガーロ」を認可したものです。

リアップ、プロペシア、ザガーロの登場で
「医薬品で安全に薄毛治療ができる時代」になりました。

★「医薬品での治療・改善対策」に関してはリアップ、プロペシア、ザガーロの効果コチラをご参照ください。

自毛植毛・移植で治療・改善する

自毛植毛・移植手術は実は20年以上前からある治療方法です。

ただ20年以上前の自毛植毛・移植治療手術は
・頭皮の一部を「帯状に切り取り」そのままの状態(帯状の頭皮のまま)で、髪が薄くなった部分に貼り付けるような移植手術
(見た目はとても不自然です。)

・後頭部周辺から直径1.5センチ位の円状で頭皮をくり抜き、そのまま髪が薄くなった部分に貼り付けるような移植手術
(後頭部には大きな丸い「ハゲ傷」がいっぱい残り、移植した部分も大きな「毛束」ではえてくるので不自然)

このような「不自然な自毛植毛手術(移植手術)」が横行していました。

今では
「切らない、メスを使わない自毛植毛手術方法」などが開発されたり
移植する髪も「数本単位」で植えることができ、生え際なども自然に再生できたり
一度に1万本以上の移植手術ができたり

自毛植毛手術で確実に自分の髪の毛を自然に復活(移植)できるようになりました。

★「自毛植毛による治療・改善対策」に関しては自毛植毛の効果コチラをご参照ください。

メソセラピー、注射療法で治療・改善する

医薬品での治療:外用薬(液状塗布タイプ:リアップ)の問題点(?)は有効成分が薄毛部分に留まらず、流れ落ちてしまいやすいことです、また飲み薬(プロペシア、ザガーロ)も有効成分が全て一番大事な毛根・毛母細胞に届くわけではありません。

そこで直接頭皮に薬品注射することで確実に毛根に発毛成分を届けることを目的にしたのが「メソセラピー、注射治療法」です。

これにより発毛効果をより効率的にアップさせる治療方法です。

★「メソセラピー、注射治療法による治療・改善対策」に関してはメソセラピー、注射治療法の効果コチラをご参照ください。

育毛剤で改善・回復させることもできるようになりました。

20年以上前では「怪しげな育毛剤」が流行った時代ありました。
その「怪しげな成分」で頭皮に炎症を起こし、反対に髪が減ってしまった人も多かったです。

今では育毛剤を開発する会社も色々な研究機関と提携しながら、安全な育毛剤を販売しています。

また医薬品での治療は効果はありますがやはり「副作用」もあります。
多くの民間育毛剤メーカーは医薬品と同じような働きをする「副作用のない成分」を開発しています。

副作用が心配、頭皮が敏感なので医薬品では痒みが出てしまうような人には
育毛剤での改善・回復をおすすめします。

★「育毛剤での改善・回復対策」に関しては育毛剤の効果はあるのコチラをご参照ください。

増毛で回復、復元対策できるようにもなりました。

20年程前では増毛方法もあまり開発されておらず、またカツラの開発も進んでいなかったので薄くなった髪の毛は「不自然なカツラ」で隠すしか仕方がなかった時代です。

今では
・自分の髪を利用した「増毛法方」の開発や
・生え際部分も自然に見せられるカツラの開発も進み

短期間(例えば来月の同窓会までに)に毛量が欲しい人や
薬や手術、注射は嫌だ、怖いと思う人
髪の毛が既に全体的に薄くなってしまっており、薬や自毛植毛手術では「間に合いそうもない」と感じる人
こんな方々にとって

自然に確実に「髪を増やすこと」ができるようになりました。

「増毛での回復、復元対策」に関しては生え際が自然なカツラ、増毛コチラをご参照ください。

「自分に合った治療・改善・回復対策方法」を見つけるには

・現状の髪が薄くなった状態
・将来的にどうなりたいか?
・どこまで増えれば満足か?、また
・(髪が増えても)これだけは嫌なこと(許せないこと)
を考えてみれば

「失敗しない薄毛対策」が選ぶ事ができます。

-薄毛対策・薄毛ニュース

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.