育毛剤 薄毛対策・薄毛ニュース

育毛剤の種類について。育毛剤を選ぶコツとは?

投稿日:



世に中には星の数ほど育毛剤があります。
どれでもいいから、エイヤッと頭皮につけてもなかなか効果は期待できませんね。

ネット検索で薄毛が気になり見つけた色々な育毛剤、養毛剤、発毛剤。
そもそもこの違いは何なの?

まずは養毛剤。
これは髪に栄養を与えて抜け毛を防止するものになります。

育毛剤。
今現在生えている髪の毛に、血行促進や栄養補給、頭皮の保湿作用などを働きかけて、毛髪の成長を促すもの。

そして発毛剤。
一度抜けてしまった休止期にある毛穴から発毛させる効果があるもの。
厚生労働省が認可した医薬品ミノキシジルが有名ですね。
薬であるので、副作用のことも考えなければいけませんね。

ドラッグストアで風邪薬を買って飲んだけど効かなかったので、返金を頼んだら絶対怒られますよね。
医薬品では交換返金はありません。
育毛剤も試してみなければわからないことが多いです。
育毛剤には効果がなかったら返金や交換してくれる制度がある会社も多いです。
また育毛剤には厚生労働省が認可した成分を含んだものもあります。
薄毛が気になりだしたらまずは育毛剤を試してみてください。



育毛剤を選ぶポイントとしては、含まれる有効成分ですね。
脱毛の原因はいくつかあります。

まずは男性ホルモンの影響。
男性ホルモン、テストストロン自体は悪くはないのですが、これがテストストロンに変化すると脱毛因子になってしまいます。
これを抑制する成分であるオウゴンエキス、エチニルエストラジオール、冬虫夏草エキスなどは注目成分です。

頭皮の血行が悪くなることも脱毛原因です。
血行促進成分では、センブリエキス、塩化カルプロニウム、トウガラシチンキなどが有名ですね。

栄養がなければ髪は生育しません。
ビタミンEは血行促進作用があり栄養分を毛母細胞まで運んでくれます。
ビタミンB郡は毛母細胞の分裂を促進させる作用があります。

頭皮が乾燥すると、毛穴から簡単に菌が侵入して、毛根が炎症を起こして脱毛症状が現れます。
頭皮の保湿作用がある成分にはアロエ抽出液、イチョウ葉エキス、ヒアルロン酸などがあります。

育毛剤を選ぶにはこのような、有効成分のチェックは大切ですね。

-育毛剤, 薄毛対策・薄毛ニュース
-, ,

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.