薄毛業界で20年以上美容師働く管理人が監修・提案する「髪の毛を増やす方法」

【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ

植毛費用が安い!しかも安心の熟練ドクターが担当の自毛植毛クリニックがココ!

https://modiphone.net

自毛植毛

★植毛費用が安い!しかも安心の熟練ドクターが担当の自毛植毛クリニックがココ!

更新日:

自分の髪が確実に生えてくる、復活する「自毛植毛」は、究極の薄毛対策です。

しかしよくお客様から
「自毛植毛って高いんでしょう?」
と聞かれます。

確かに20年ほど前では、今よりも自毛植毛の費用は高かったです。

しかし現在では自毛植毛クリニックも増え、段々その費用も安くなってきています。

そこで、薄毛業界で20年以上働いてきた薄毛業界人が、植毛費用が安い!しかも安心の熟練ドクターが担当の自毛植毛クリニックを案内いたします。

 

★症例数4,600件以上を誇る実力の植毛クリニック自毛植毛 親和クリニック

自毛植毛のやり方(方法・方式)による費用の違い

★「切る(メスを使う)FUT方式」の方が「切らない(メスを使わない)FUE方式より比較的「安い」

★今は「切らない(メスを使わない)FUE方式が主流。
しかし、後頭部の髪を刈り上げ(剃る)なければいけない。

刈り上げないでFUE方式もできるが、費用は刈り上げるタイプの「約2倍」かかる

-------------------------

自毛植毛では、大きく分けて2種類の方法があります。

■切る(メスを使う)自毛植毛方法: FUT方式
切る、メスを使う 自毛手術 FUT方式

特徴:
後頭部周辺から移植・植毛用の毛根を摂取するために、頭皮の一部(ドナーと呼びます)を帯状で切り取る方式

切り取った部分は、縫い合わせます(縫合する)

切り取った頭皮(皮膚)から、技術者が1つ1つ毛根を切りだす。

メリット:

・手術費用が(FUEと比べると)安い
・毛根を取る際に「刈り上げない」でよい

デメリット:

・ドクターの技術力が重要
慣れてないドクターが、頭皮(ドナー)を縫合すると、傷が大きくなる場合がある。
熟練ドクターであれば、傷はとても小さくほとんど目立ちません。

----------------------------

■切らない(メスを使わない)自毛植毛方法: FUE方式
切らない、メスを入れない 自毛手術 FUE方式

特徴:
後頭部周辺から毛根を摂取する際に、筒状の機械(チューブパンチ)を使って「くり抜きながら」1つ1つ毛根を取り出す。

現在では、このFUE方式が自毛植毛の主流です。

メリット:

・頭皮を切らなくてよい(精神的に「切る方法」と比べると楽)

・とても細い筒状の機械を使用するので、後頭部周辺の傷は小さい
(但しこれも、あまり慣れてないドクターの場合傷が大きくなることもある)

デメリット:

・毛根を摂取するために、後頭部執念を刈り上げる(剃る)必要がある。

■刈り上げないFUE方式

一般的なFUE方式は、後頭部周辺を最初に刈り上げます。
これは、毛根を「取りやすく」するためです。

そこで、髪を刈り上げずに毛根を1つ1つ摂取する方式もあります。

ただ時間と手間がかかるので、手術費用は刈り上げるFUE方式の「約2倍」します。

例:親和クリニック
「刈り上げる」FUE方式:1株900円
「刈り上げない」FUE方式:1株2000円

自毛植毛の費用を比較

その前に・・・
自毛植毛でよく使われる言葉(用語)「株・グラフト」について・・・

自毛植毛では、後頭部周辺の髪(毛根)を植毛・移植用に使用します。

自毛植毛ではこの毛根を「株」や「グラフト」と呼びます。

その後頭部周辺の毛根1ヵ所には通常「1本~3本くらい」の髪が生えています。

そこで多くの自毛植毛クリニックでは「1株(1グラフト)を約2本」で計算しています。


500株で1000本
1000株で2000本

植毛費用最安値:自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

特徴:
自毛植毛業界でほぼ、一番安い費用で手術を受けることができます。

費用:料金
基本料金:0円
ほとんどの自毛植毛クリニックでは基本料金(約20万円前後)が必要になりますが、ヨコ美クリニックでは基本料金は「タダ・0円」です。
必要な費用:料金は「植毛料金」だけです。

切らない(メスを使わない):刈り上げるFUE方式 :1株800円
切らない(メスを使わない):刈り上げないFUE方式:1株1000円

切る(メスを使う):刈り上げないFUT方式
500株:340000円
1000株:600000円

自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

症例数4,600件を誇る実力の植毛クリニック:総合力ではピカイチ:親和クリニック

特徴:小径0.6mmという極細径のマイクロパンチブレード
費用:料金
基本料金:200000円
切らない(メスを使わない):刈り上げるFUE方式 :1株900円
切らない(メスを使わない):刈り上げないFUE方式:1株2000円

自毛植毛 親和クリニック

自毛植毛のレジェンドドクター:アスク井上クリニック

特徴:直径0.85~0.65mmの超極細のチューブパンチ
費用:料金
基本料金:185000円
切らない(メスを使わない):刈り上げるFUE方式 :1株980円
切らない(メスを使わない):刈り上げないFUE方式:1株1700円

アスク井上クリニック

ちょっと費用はお高め。でも有名どころ:「アイランドタワークリニック」自毛植毛専門クリニック

特徴:直径0.8mmの超極細のチューブパンチ
費用:料金
基本料金:200000円

切らない(メスを使わない):刈り上げるFUE方式 :1株1200円
切らない(メスを使わない):刈り上げないFUE方式:1株2000円

「アイランドタワークリニック」自毛植毛専門クリニック

1000本でどれくらいの薄毛がカバーできるの?

★1000本でカバーできる範囲
・生え際のM字部分の薄毛をカバー
・頭頂部:つむじ周辺の薄毛をカバー

面積でいうと約「手のひら」より少し小さい(狭い)くらいの部分のカバーができるイメージです。

費用:約60万円~100万円

-----------

「髪の毛 1000本」と言っても、なかなかイメージはできないかと思います。

⇩コレが「髪の毛 1000本(500本の束×2本)です。
増毛 10000本 髪の毛 1000本

この髪の毛1000本で、カバーできるのが、
・薄くなった生え際のM字部分
・薄くなった頭頂部・つむじ周辺
になります。

⇩薄くなった生え際を少し下す、M字部分をカバーする

 

⇩頭頂部・つむじ周辺の薄毛をカバーする。

-----------

★広くなったおでこを狭くする:約2000本~3000本(800~1200株)が必要

費用:約90万円~130万円

カバーする面積(薄毛面積)が増えれば、当たり前ですが植毛する髪の本数も必要になります。

生え際の髪が抜けてしまっておでこ(額)が広くなってしまった状態。

この広くなったおでこを狭くする(生え際を下す)のには約約2000本~3000本(800~1200株)が必要になります。

-----------

★生え際から頭頂部周辺まで髪が抜けてしまった状態を復活させる:約5000本~7500本(2000株~3000株)が必要

費用:約200万円~300万円

正面から見るとほぼ「髪が無い」

生え際から頭頂部・つむじ周辺まで髪が無いような状態を植毛で復活させるには約5000本~7500本(2000株~3000株)が必要になってきます。

もっと安いクリニックはあります。でも・・・・

ネット上で「自毛植毛 安い」と検索すると色々な自毛植毛クリニックが出てきます。
もっと植毛の費用・料金が安いクリニックは確かにあります。

ただ、費用・料金が「安い」だけで植毛クリニックを選ぶと手術後に「やらなきゃよかった!!」と後悔するかもしれません・・・

手術は失敗すると「元に戻す」ことはできません。

「安い」だけでクリニックを選ぶと、後で後悔する!?

関連記事
生え際やおでこ(前髪)に植毛する費用・料金は?植毛で失敗、後悔しないクリニックの選び方

植毛クリニック・病院やドクターはどうやって選べばいいの?

⇨自毛植毛ロボットって安全?失敗しないの?信用できるの?

⇨自毛植毛で失敗するケース、デメリットは何?薄毛に効果はあるの?

何度も言います!手術は失敗すると「元には戻れません!!」

自毛植毛で失敗したくないならばかならず「熟練したドクター」に手術を担当してもらってください。

★症例数4,600件以上を誇る実力の植毛クリニック自毛植毛 親和クリニック

-自毛植毛
-, , ,

Copyright© 【薄毛業界美容師監修】髪の毛を増やす方法ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.